能力アップ

仕事の上手な頼み方!相手のやる気を引き出すお願いの仕方

2020年7月15日

どうもこんにちは G です。
今回は、人に仕事を頼む時相手のやる気を引き出すポイントについてお話したいと思います。

仕事を頼むことが重要な理由

やはり仕事というのは、一人でやるものじゃないんですね。

もちろん一人でもできますけど、自分一人できることには限界があります。

これは特に起業してから実感することが多いんですけど、優秀な人ほど自分一人でやろうとするので、意外と小粒で終わったり、成長できなかったりするんですよね。

というのは自分一人でやれることに限界があるからです。

時間は24時間しかないわけなので、自分がいくら優秀で頑張ったとしても24時間分の仕事しかできないんですよね。

だけど人に上手に仕事を頼むことができれば、いくらでも増やすことができるわけですよ。

だから仕事を成長させる、進んでいくためには、人に上手く頼めることがすごく大事なんですね。

ただ仕事を頼むというのは丸投げするとか自分がやらずに人に下手くそな頼み方をしてしまうのは駄目なわけです。

丸投げしたり下手くそな頼み方をすると、当然トラブルのにしかならないし、自分の望む成果を出せないんですね。

逆に自分がいい仕事をしてもらおうと思って、あまりにも懇切丁寧につきっきりで説明したり、たくさん時間をかけて内容をチェックしたりしてやってしまうと、それならもう自分でやったほうが早いっていう風にもなっちゃうわけですよ。

だから大事なのは、相手がやる気を持ってちゃんと責任を感じて仕事に取り組んでくれる状態を作ることがすごく大事なんです。

仕事を頼むのが下手な人

仕事を人に頼む時にやりがちな事で、例えば簡単な仕事だからすぐ出来るよねとか、誰でもできる仕事で悪いんだけどみたいな感じで、

大したことじゃないからやってくれないかっていう風に頼む人が結構多いんですよ。

でもこれは大したことを頼んでないから受け入れてねっていう風に相手に受け入れて欲しくて言っちゃってるだけなんですね。

更に言えば大きな頼み事はしてないよ、難しいことは頼んでないよっていう風に自分自身が負い目から逃げてるようなところもあるわけです。

でもそういう頼み方をされた人は、誰でもできる仕事、大したことない仕事、そして急かされてる仕事っていう風に捉えるから、責任感がなかったり適当にやったりすることが多いんですよ。

もしくは実際にやってみて思ったより大変でしたよとか、思ったよりしんどかったっていう風に不満を持つんですよね。

そうなると当然トラブルにも繋がるわけです。

大事なポイントは自分が頼む仕事の価値を下げないことなんですね。

これは簡単なことだから、誰でもできることだからっていう風に価値を下げたものを渡されると

「こんなくだらないことを自分は頼まれてしまうのか」という風に相手は感じてしまうんですね。

当然、相手はモチベーションの上がりようもないし、なんか自分自身でしょうもない仕事をする人っていう風に判断されたと感じてしまうんですよね。

でも仕事というのは本来全て大事で、何か大切な意味を持つものなんですよ。

逆に本当に誰でもできて、やってもやらなくてもいいぐらいしょうもないことであれば頼む必要もないというか、究極やらなくてもいいわけです。

やらなくていい仕事を惰性でやってるだけであれば、もうやめちゃった方がいいかもしれないんですよ。

仕事の上手な頼み方

だから大事なのは、その仕事は何か意味があってやっている、価値を生み出している、それを自分自身がちゃんと理解することなんです。

人にもっと責任感を持って欲しいとか、もっといい仕事をして欲しいって思う人は、自分自身がその頼んでる仕事が凄く重要なことで、その重要なことをあなたにこそ頼みたいんだっていう風な意識を持ってるかどうかを確認して欲しいんですね。

そういう風に自分自身の意識を変えて、それで仕事を人に依頼すると。

その時にちゃんと相手の仕事を見て、相手がやってくれている仕事のプラスポイントを評価することが大事になります。

例えばゴミ出しの仕事も、正直オフィスのゴミをまとめてゴミ捨て場に持って行くだけなら誰にでもできる仕事だと思うんですよ。

だけどその頼む相手がきちんと綺麗に片付けとかをしてくれる人だったり、何か考えて行動してくれる人だったら、きっとゴミ出し一つにしても何かやってくれてると思うんですよ。

それをちゃんと見ておいてそこを評価する。

例えばあなたにゴミ出しを頼むとちゃんと次のゴミ袋をセットしてくれるし、ゴミ袋の在庫が切れてないかどうかの確認もしてくれる。

ゴミが散らかっているところ簡単に掃除してくれたりもするから、あなたにやってもらったときが一番綺麗にオフィスが片付くんだ。だから是非お願いしたいんだけどいいかなっていう風に頼むとかですね。

コピーを頼むだけにしても、例えばこの書類会議で使うからコピーしといてよ、50枚ねっていう風に渡すだけじゃなくて、

その人がどういう仕事をする人かをよく見ておいて、あなたはコピーしただけじゃなくてきちんと順番にまとめてくれてるとか、原稿を軽くチェックして誤字脱字があったら指摘してくれるからもうあなた以外に頼めないよっていう風に頼むのであれば、

頼まれた側もますますやる気を出していい仕事してくれるんですよね。

だから仕事をして欲しいのであれば、その人をプラスに評価しているかどうかも大事なわけですよ。

相手のことをろくに見もせず評価もせずにお前は部下なんだから、お前はバイトなんだから、雇われなんだから、という姿勢で頼んだ仕事がうまくいくことが当然ないわけです。

相手がその仕事に対してこういう風なことをしてくれてるって言うようなプラスのところをしっかり見て、しっかり評価して、そして自分の大事な仕事を大事な優秀な人に任せる。

この基本的な仕組みで物を考えることが、人に仕事を頼む時の大事なポイントになると思います。

それでは今回は以上となります。ありがとうございました。

音声ファイルはこちら

-能力アップ

© 2020 ジブン・アップデート