怒りを鎮める方法!他人から否定されても怒ってはいけない意外な理由

4 件のコメント

  • 内容は理屈的にはなるほどと思いましたし良かったと思います。
    ただ、本当にバカにされることで病んでしまうほどに困っている方々の支えや解決になるのかな?と
    もう少し心ある表現が出来ればいいな。と。

    思いました。

    • 吉村さん

      コメント&ご指摘ありがとうございます。Gです。

      記事の最初に書いてますように、これは「人にバカにされて腹が立つ人」向けの内容ですので、
      「バカにされることで病んでしまうほどに困っている方々」向けの表現ではお話してないですね。

      人にバカにされて病んでしまうぐらい困っている人(まぁ多かれ少なかれ、みんなそうだとは思いますが)に向けてお話するなら、
      『人をバカにしてくるような相手とは、物理的に距離を置きましょう』ってことになると思います。

      「腹が立つ人」に言いたいのは、「噛み付いてくる犬っころに本気で腹を立てるのはみっともないよ」ということ、
      「傷付いてしまう人」に言いたいのは、「何一つ我慢する必要はないから、その相手から距離を置きましょう」ということです。

      私も仕事柄、職場でいじめられている人の相談に乗ることもあるのですが、傷付いている人に「自分で解決しなさい」というのは基本無理だと思っています。

      その場合は、

       ・自分を傷付けてくる相手とは距離を置く
       ・解決には他人の力を借りる

      がポイントになるかと思います。

      ということで、これを読んでいる 病むぐらい悩んでいる人 は「自分でなんとかしなきゃ」とは考えずに、頼りになる人に相談してくださいね。

  • はじめてコメントさせていただきます。
    記事を拝見し大変参考になりました。
    職場内で管理・マネジメントする立場にいますが
    同じ職種でありながらこれほど価値観が違うのか
    それにも増して他の人の価値観を否定して不毛な
    争いばかりで悩んでいますが、まずは自分が同じ
    土俵に立たず、できることを考えながらじっくり
    取り組んでいきたいと思います。
    他の記事も参考にさせていただきます。
    有難うございました。

    • コメントありがとうございます。Gです。

      価値観の多様化なのか、昔に比べてマネジメントが難しくなりましたよね。

      長寿化で社会に出ている人の年齢の幅が広くなり、時代の進化も早く、様々な価値観を持つ人が同じ会社に集うようになったためか、「こんなこと常識だろう」が通じなくなりましたね。

      しかもその風潮はこれからますます強くなるという・・・

      大変な時代になりますが、お互い頑張っていきましょう!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です