能力アップ

悩みが解決しない理由!周りに相談してもスッキリしない人がやるべきこと

2020年8月27日

どうもこんにちは G です。
今回は抱えている不安や不満、自分の悩みを整理して解決に向かっていく方法についてお話したいと思います。

なぜ悩みは解決しないのか

悩みが全くない人は実際に存在しないといってもいいぐらいだと思うんですよ。人間は大なり小なり悩みを抱えて生きていますよね。

でもその悩みが解決したかって言われると、なかなか自信を持って「解決しました!」というのは多くないと思うんですよ。

なぜなら一つの悩みを解決してもまた次の悩みが出てきたりするし、その悩み自体がちょっと漠然としていたりモヤモヤしていたりして、

自分の中でどうやって解決していいかわからない状態で、そのままズルズルいってしまうこともすごくあると思います。

でもそういった状態は自分の心には良くないですよね。

だから解決できるものなら解決しておいた方がいいわけです。

で、今回はそれを解決するとまでは言いませんけど、解決に向かっていくためには重要なことについてお話したいと思います。

まず一番大切なポイントとして、

自分の今の状態、悩んでいる状態を他人に伝わるように文章化して欲しいんですね

その文章を読んだ人が、自分の困っていることをちゃんと分かってくれて、どうしたらいいかを考えられるくらい明確になっている。

そこまでちゃんと自分の中で状況とか言葉とかを整理して、文章化することが非常に重要なんです。

これをしないで、多くの人は何となくモヤモヤしているものを自分の感情とか気分で、自分だけがわかる言葉で喋ってたり、不十分な文章で人に伝えてたりするんですよね。

そういう状態でたとえ人に相談したとしても、相手からのアドバイスに対して「いやいや、そうじゃないんだよ」とか「そういうことを言いたかったんじゃないんだ」みたいな話になって、結局は解決しないことがよくあるわけです。

つまり人に悩みを相談して、アドバイスをもらっても解決しないことが多いのは、今の自分の悩みを完全に整理整頓できていないからなんですね。

そもそも自分の悩みが正確に伝わっていないことが多いわけです。

悩みから抜け出す方法

だからまず文章で自分が現状どうなっているか、どういう状態か、自分がいま問題だと感じていること悩み、自分の今の思い、そしてどうしたいのか、どうなればいいと思っているのか、どういうゴールを目指しているのか。

こういったことを明確に文章にして欲しいんですよ。

これが出来上がれば、じゃあどうしたらいいかはだんだん見えてくるんですね。

これを明確にすると、例えばそもそも問題じゃないことを問題視している場合もあるわけです。

例えば、実際に最近あった話で、サラリーマンをしながら自分のビジネスの立ち上げを頑張ってる人がいたんですね。

で、最近めでたいことにお子さんが生まれたらしいんですよ。

お子さんの世話もがっちりしながらビジネスもやるっていう風になっていくと、だんだん子育てにパワーを持ってかれて、これまでどんどん進んでいたはずのビジネスが進められなくなってしまったんですね。

だいぶ「今日も出来ませんでした」みたいな報告が続いてしまって、本人は落ち込んできちゃったんですね。

そこで私は、その人に今の現状の大切なもの何が一番辛いかを整理してくださいっていう風に言ったんですよ。

するとその人にとっては、一番大切なことは子育てをちゃんと協力してやる事らしいんですけど、

一番つらいのは、ただそれに天引きしておいた時間を使われて、自分の体力もなくなって、それ以外のことができなくなっているのが辛いみたいな感じだったんですね。

しかし、その人の今の状態において一番大切なことが、子供を育てる子供の世話をすることであれば、ある意味それはもう達成できてるわけです。

二番手である自分のビジネスをやっていくことはできる日もあるしできない日もある。

以前は全部できていたのに今はできない日もあるからストレスだって言うのであれば、これは感じる必要のないストレスなんですよね。

一番も二番も両方できないとストレスフルだって言うのであれば、全てがうまくいくように思いすぎてると思うんですよ。

やはりその時々によって一番重要なこととか、今一番やらなきゃいけない事が変わるわけで、その一番がちゃんとできていたら本来そこで満足すべきなんですよね。

その上で二番手もちゃんとやっていくためにどうしたらいいんだろうって考えればいい話であって、本来そこは悩んだり苦しんだりするべきところじゃないはずなんですよね。

ところが真面目な人、責任感の強い人、内向的な人は、自分の努力不足なんだみたいな感じで、うまくできない自分を責めやすい傾向があると思います。

でもそもそも問題ではないことで自分を責めるのは、もったいないと言うか無駄な事なんですよね。

だからそもそも本当に問題かどうかを整理して、理解するためにもまず文章にしてまとめることが大事なわけです。

そしてそれを整理して一番大切なことは何か、それは自分の力でクリアできそうかどうかを考えて欲しいんですよ。

そうすると問題だと思っていたことが問題じゃなかったりとか、今すぐにやるべきじゃなかった、後回しでもよかったっていう風にすることで、それが一つの解決になる場合があるんですね。

問題解決というのは、問題をなくして完全にクリアな状態にすることだけが解決じゃないんですよ。

今その問題に取り組まなくてもいい、後回しでも特に構わないっていう風にするだけでも問題解決なんですね。

なんでもかんでも白黒つけて、問題を乗り越えないと、潰してしまえないとダメみたいに思ってしまうと、やはり生真面目な人はストレスを感じて苦しんでしまうんですよ。

今すぐにしなくてもいい、別に後回しでも構わないって思えるだけでも、それは一つの解決にもなるわけです。

そしてその上で自分の力だけでは解決が無理そうっていう風なことが分かったのであれば、次にそれを他人に相談すればいいんですよ。

他人に相談する時も何が問題でどういった方向のアドバイスが、どういったジャンルのアドバイスが必要なのかが明確になっていれば、そのジャンルに強い成功者、アドバイザーを選んで、その人に相談することができますよね。

悩みとの付き合い方

どうしても一般的に相談するっていう風になると、すぐに身近な人とかに話がいきやすいんですけど、

問題を解決するためのアドバイスが欲しいのであれば、その問題を解決した経験のある人とか、その問題が得意な専門家にアドバイスを求めないと意味がないんですね。

やはり問題を解決したいのであれば、その問題の解決法を知ってる人に聞くのは当然なんですよ。

でもなかなかその発想がなくて、とりあえず身近な人に相談するとか、先輩に相談する、職場の人に相談するみたいなことになりやすいわけです。

だから前提条件も立場も違う人の勝手な意見を押し付けられて、自分には使えないアドバイスを受け取る羽目になってしまうわけですよ。

一番大切なのは、自分自身が問題を解決することだから、そのスタート地点から考えないと駄目なんですね。

となると、そのスタート地点に寄り添って一緒に問題解決を考えてくれる、教えてくれるような相手でないと聞くだけ時間の無駄なわけですよ。

だからこそ適切なアドバイザーを選ぶことは、非常に解決において重要な事なんですね。

でもその適切なアドバイザーを選ぶための必要な条件としては、自分が問題をきちんと把握してることになるので、その為にも、先程のまとめた文章が役に立ってくるわけです。

じゃあそんなアドバイザーどこにいるんだよっていう人もいるかもしれないですけど、

最近はなんちゃってアドバイザーも含めて、ココナラのようなスキルマーケット的なサービスも増えてますよね。

もしくはその悩みに特化したブログとか、記事を発信してる専門家もどきみたいな人もいっぱいいると思います。

そういった人にとりあえず相談してみるのもありだと思うんですよ。

もちろん、きちんとしたプロに相談をして回答をもらおうと思うと、費用が発生することもありますけれど、

逆に言えば、何でもかんでもタダで教えてもらおうって思っている姿勢の方が、問題解決を遠ざけているんですね。

当然、病気になった、怪我をした、なんとかこれをタダで治してもらおうと思ってたら、治るのは遅くなるわけじゃないですか。

必要であれば必要な費用を払って適切な対応をする。

この当たり前のことをするだけで、悩みはすごく早く解決できるんですよ。

だから自分で考えすぎたり、悩みすぎたりして、逆に自分を苦しめてしまっている人は、できるだけ早く手放した方がいいんですね。

そして自分で解決できないことはアドバイザーを入れて解決するみたいな事も知っておいて欲しいなと思います。

それでは今回は以上となります。ありがとうございました。

-能力アップ

© 2020 ジブン・アップデート