ビジネス哲学

仕事が「丁寧で遅い人」と「雑で速い人」どちらが成功できる?

今日は「巧遅か拙速か」というお話をしたいと思います。昔の言葉で「巧遅は拙速に如かず」というのがありますよね。今のビジネスの世界とか、意識高い系の世界では、この言葉は「巧みにやる代わりに時間がかかってしまうより、少々拙くても速くやる方がいいよ」という意味で使われていると思います。

能力アップ

結果を出す人の特徴!能力よりも大切なこと

私の講座とか音声とかコンサルとか受けてくれている人の中で、何年経ってもスタート時とあまり変わっていない方がいます。反対に1、2年でステージの変わってきている方もいます。

そういう方たちを見ていて思うのが、能力の差ではなくて、自分の前に来たチャンスをどれだけ上手く掴めるかという所なんですね。