新人教育のコツとは?何度も教えているのにミスをしてしまう人への指導法

どうもこんにちはGです。
今回は部下や新人への指導の質を高めるために話のポイントのフィードバックを使うということについてお話したいと思います。

新人教育に効果的な方法

ちゃんと教えたのにできない理由

部下や新人とかに対して、仕事を教える状況というのはあると思うんですけど、色々とやり方を教えたのにできないってことはよくあると思うんですよ。

そういうのが積み重なると、なんか今年の新人は駄目だなあとか、あいつ使えないなとか、ミスが多い奴っていう風な評価をしてしまいますよね。

ただ気を付けて欲しいのが、教えている側は、ちゃんと教えたんだからできると思いがちなんですけど、教えられた側というのは、まず「教わったことを理解する」というアクションがあるんですよ。

この教わったことを理解するというアクションが存在して、教わったことを実際にやってみるという二段階のハードルがあるんですよね。

ところが教えてる側は、「ちゃんと説明したんだから出来るでしょ」という一段階だと思っているんですよ。

相手がそれが出来なかったら、教えた通りにできないのかよって思いがちなんですけど、

教わったことの理解が不十分で出来なかった時と実際やってみたけど思ったようにできなかったっという引っかかりポイントが二つあるんですよね。

どっちで引っかかってるかっていうことを理解もせずに「教えたのにダメなのかよ。じゃあもう1回教えるから次はちゃんとやってみろ」みたいに本当の原因に気付かずに何度も繰り返しやらせてるだけなので凄く効率が悪いんですよね。

一回の説明で理解してもらう方法

多くの場合、教わったことを理解するという点に抜けとか問題があったりしてできていないんですよ。

だから相手が自分の教えたことを理解できているかどうかを確認するだけで、指示の質が上がる、言われた通りできるようになりやすいんですね。

具体的には、自分が説明をした後に「今教えたことのポイントを自分の言葉で説明して」という風に相手にフィードバックさせるんですね。

ここで全然分かっていない奴は、自分の言葉で、これはこういうことですよね、ポイントはここですよね何て言えないわけなんですよ。

で、意外と「分かりました!」と言う割には何も頭に残ってない人って多いんですよね。そういう嘘の分かったを潰すことができるんですよ。

相手が自分なりに説明してくれたことは、たぶんガタガタというか非常に不完全な内容になってるはずです。それについてツッコミを入れていくんですね。

いやいや、そこはこういうことだよとか、そこはちょっと足りないなとか、何か抜けてないかという風に相手の言葉として出てきたものを修正していくんですね。ここが重要なんですね。

やはり人間というのは、口で他人が説明してきたものを完全にコピーすることはできないんですよ。

自分が大事だなと思う点だけが脳に残っていくんですよね。

でもどこが要点か分かっていない人に新しいこと教えてるわけですから、本当にこちらが期待する要点が残っているかどうかは非常に疑問なんですね。

だから相手は相手にとって重要だと思っていることを覚えてるだけなので、こっちが重要で伝えたかったことが残ってるかを確認するためにこのフィードバックがすごく有効なんです。

覚えが悪い人への教え方

仕事のできない人というか、ミスの多い人は「分かりました」を多用するんですけど、これは「話が分かりました」っていうことなんですね。

話を聞きました、あなたの仰ることは分かりましたの分かりましたなんですよ。

だから「業務のやり方がわかりました。もうその通りちゃんと仕事ができます」の分かりましたではないんですよね。

私もここの違いに気付くまでだいぶ苦しめられたんですよ。説明して「分かりました」って言う割には分かっていない。

もう頭がおかしいんだろうか、脳が劣化してんだろうかとか、すごく失礼なことまで考えたんですけど、最後に気づいたのが、この人の分かりましたは、あなたの言ってる話が分かりましたっていうことであって、それを理解しましたとか納得しましたじゃないんだなと。

だからそこを理解させる次のアクションも一緒にやらないと、この人はできないんだなっていうことが私もわかったんですよね。

だから相手が分かりましたって言った。じゃあ分かってくれたんだ、任せてみようって手を抜いてしまうのではなくて、

「何が分かったか君の言葉で説明してくれるか」っていう風に相手の方から出させないとうまく行かないってことなんです。

こうですかですか、ああですかっていう風にポイントを明確にすることは、別に指導をする時だけじゃなくても非常に重要なんですよ。

やはり先ほども言ったように人間は何を大事と思ってるかは人それぞれ違うんですよね。

例えば、お客さんは納期の速さを優先して欲しいのに、こちらは勝手に値段の安さが大事だと思ってしまう。

一番大事なものがずれた状態で話を進めてると、そういうことをお願いしてたんじゃないんだよとか、なんでそんなやり方になっちゃったのみたいなすれ違いからのトラブルが起きることがあるんですよね。

だから意思を共有しておくためにもポイントを共有する、何が大事かを確認するのは人間関係において重要なんですよ。

そのためのやり方というのが、相手に質問して相手の言葉でそれを説明してもらうっていうことなんですね。

教える側にとっても役に立つ

これは部下や新人に対する指導という形でお話しましたけど、逆に上司とかお客さんとか、そういった目上の立場の人に対してでも使える話なんですね。

例えば、上司とかお客さんが何か言ったことに対して、自分の方から、今のお話のポイントはこういう理解で正しいでしょうかっていう風に自分から確認すればいいんですね。

それがもし違っていたら「そうじゃなくてこうなんだよ」とか、「それよりもこっちの方を大事にしてね」っていう風にフィードバック出来るわけじゃないですか。

そしたら自分がする仕事の質も上がるし、上司も何を言いたいかよく分からないというのは、部下にとって非常に苦痛ですよね。

あとは例えば上司の言うことがコロコロ変わる、だから上司の言う通りやったのに注意されて腹が立つっていう例もあると思うんですけど、それも上司だからといって完全に万能に自分の言いたいこと言えてるわけじゃないんですよ。

ただ能力は足りなくても、歳も上がっていけば、上司になってる人って多いんですよね。

だから上司が言ってることがコロコロ変わってるからっていう風に文句を言う前に、その上司からきた指示をきちんと自分からポイントにまとめてあげて、ここが大事、こういうことでいいんですねっていう確認をしてみる。

それをすればある意味言質を取ったようなものですから、なんならそれをちゃんとメールとかの形に残しておけば後でのトラブルも起きにくくなるんですよね。

仕事をする上において何が大事かを相手と自分で明確にして共有することがすごく重要なんですね。

だからこれをするだけで色々なトラブルが防げて、何より無駄がなくなるんですね。人に指示したけど、あいつらうまくやれないっていう無駄もなくなる。

なによりその指示を受ける彼らも仕事ができるように育つっていう形で、非常に役に立つ話ですので、ぜひ取り入れて欲しいなと思います。

それでは今回は以上となります。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です