情報の出し惜しみをするな!貴重な情報をガンガン集める方法


どうもこんにちはGです。
今回は情報は発信する人の所に集まってくるというお話をしたいと思います。

情報に価値はない

自分が持っている情報というのは、特に良い情報はどんどん人に教えてあげてると、それ以上の情報が返ってきやすいんですよ。

ところが意外と情報を出すことを嫌がる人がいるんですよね。

自分だけが知ってるとか、自分がその情報を手に入れる為に結構なお金をかけているとか、もしくはアイデアがあるけど真似されたら嫌だから言えませんみたいな人はいるんですけど、そういう人のところには情報が来なくなるんですよね。

つまり情報というのは、人によって価値が違うじゃないですか。どんなに凄い情報でも、それが全然使えない人にとっては価値がないわけなんですね。

だから自分にとって価値があるから、これを人に渡してしまっては大変だみたいに思ってしまうと、他の人には価値がないので、単純にセコい奴、心の狭い奴にしか思われなくなるんですよね。

実際にあったのが、経営者同士で集まって酒飲んでると、税金対策の話とか、お金をどう上手く運用していくかとかの話になりやすいんですよね。

そのときにシンガポールに会社を作って、お金がその会社に入るようにして、税の問題を解決しようかとか、そのためには向こうにパートナー作るのか作らないのか、自分も向こうの国籍を取るのかとか、そういう話題になったんですね。

そこで一人だけ「外国なんか行かなくても日本でも財閥モデルというのがあるんですよ」って言い出した社長さんがいて、興味が湧いたので詳しく聞いてみたんですよね。

そしたら「それはちょっと言えないですけど、財閥とかがやっている日本国内にいて税金を最小限にする方法なんですよ」みたいなこと言い出すんですよ。

そんなに秘密っぽく言わなくても、実際ソフトバンクとか楽天とか大企業は税金を払ってないんですよ。意外と法人税をガッツリ払っているのは、中小企業だったりするんですね。

だから上手に複数の会社とかをくるくる回して、脱税にならない程度に上手に調整してるんだろうなというのは、もうみんな馬鹿じゃないから分かるわけなんですよ。

だけど「それは言えません」みたいな感じで濁されると、皆が「じゃあこの人に言う必要ないな」って思っちゃうわけなんですよね。

本当に価値のあるもの

つまりアイデアというのは、シェアすることによって、次のアイデアが生まれたりするので、アイデアの持ち寄りは価値があるんですよ。

だから知識と経験のある実践している人達が集まって喋ると、次のことが生まれやすいんですね。

逆にそういうのを持っていない愚痴ばかりの人間が集まったところで、結局愚痴の大合唱になるだけじゃないですか。

良い情報というのは、良い情報を持っている人間同士が、自分の情報をどんどん出し合ってシェアすることによって、そこから何か生まれたり、次の発見があったりするんですね。

それを成功する人は分かっているから、アイデアとか知識とか情報とかを出し惜しむことは基本ないんですよ。

ところが情報そのものに価値があると勘違いしている人は、これを人に分けてしまうと相手に先を越されてしまうとか、自分が高いお金をかけて知ったものなのに勿体無いって思いがちなんですよね。

そうすると、その人のところには新しい情報がまた入ってこなくなるので悪循環になるんですよ。

アイデアの話もしましたけど、アイデアに価値なんかないんですよね。

アイデアなんて思いつきじゃないですか。

でもそれを実際にやってみる、それが上手くいくまで試行錯誤してみることに価値があるわけで、なんか「こういうビジネス面白いと思うんだ」みたいなその程度の話には何の価値もないわけですよ。それやってみた?という話ですよ。

だから批評家とか、それはこうだと思うっていうのにもあまり価値がないですよね。その人が思うというのは、その人の個人的な思いであって、現実とは違うわけなので意味はないんですよね。

惜しむ必要はない

そういうアイデアを形にするのが一番難しい、その途中にたくさんの時間とお金と労力がかかって試行錯誤しないといけないということが、まともな人間は分かってるから、アイデアを与えたからといってすぐ真似するなんてありえないんですよね。

だからやはりアイデアそのものには価値がないんですよ。人に話したところで、人はそれを真似したりしないんですよね。

それほどの価値のあるアイデアを普通の人は生み出してないわけです。自分的にすごいと思ってるだけで。

そんなに心配しなくても、もっとすごい人は沢山いるんだから、何も惜しんだり隠したりする必要はないので、情報はどんどん人にあげちゃえばいいんですよ。

そうすると逆に「それは面白い。じゃあこういうことも知ってます?」みたいな感じで、自分にも返ってくるんですね。

だから情報は発信する人のところに返ってくるので、惜しまずにどんどん発信しましょうっていう話でした。

それでは今日のお話は以上となります。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です