読書術のおすすめは?「乱読」と「精読」ではどちらが良いのか

どうもこんにちはGです。
今回は、本の読み方は「乱読」と「精読」のどちらがいいかというお話をしたいと思います。

読書は「乱読」と「精読」はどちらが良いか

このブログを見ている方は勉強家なので、よく本を読むと思います。

ただその本の読み方というので、色々な本を食い散らかすようにたくさん読む「乱読」と一冊の本を集中して何度も繰り返し読む「精読」がありますよね。

私もサラリーマンの頃、どちらの読み方の方が成功に近付くだろうって迷ったことがあるんですよ。

というのも人によって乱読がいいという人もいるし、精読がいいという人もいるんですよね。

例えば、私がそういうことに悩んでいたときなので、ちょっと古い話ですけど、当時、楽天の三木谷社長が、乱読のススメみたいなことを何かのインタビューで答えてたんですよ。

つまり本人は乱読をしてると。毎月結構な冊数の本を取り寄せて、もう片っ端から読んでると。

一回読み終わった本は二度と読むことはほとんどなくて、もう切り抜いたり捨てたりして、ひたすらたくさんの本を読んでいるって言われてたんですね。

一方で、一般的な知名度はないけれど、マーケティングの分野では凄い有名な人は、一冊一冊、一行一行をしっかりと精読していると。

もう本の作者と対話をするかの如く、行間までも考えながら読んで、もしその時思ったこと、作者に対して言いたい自分の意見などが生まれたら、そこに書き込んでいくっていう人もいたんですよね。

規模感は違うとは言え、どちらも成功してる人なんですよ。

じゃあ自分は乱読した方がいいのか、精読をした方がいいのか。どっちの方が効率がいいんだろうっていうことを考えちゃった時期があったんですよ。

それは私なりの答えが出た後、それからもう20年近く経った今でも、たまに若い人に速読っていいと思いますかとか、本はどういう読み方をしたらいいですかっていう質問を受けることがあるんですね。

やはり成功したくて本を読んでる人が、どちらの読み方が効率的なんだろうと悩むことがあるんだなと思って、今日はそのお話をしたいと思います。

本の正しい読み方

その本を読む目的は何か?

結論から言えば、その本を読むあなたの目的次第だと思います。

つまり本を読むことそのものが、目的となっていることはあまりないですよね。その本を読んで、情報を得て、その結果何をしたいのかがあるわけです。

これが例えば小説とか漫画だと、本を読んでストーリーを味わって楽しみたいとか、カタルシスを得たいとか、達成感を得たいとか、そういう風な意味でドキドキワクワクしたくて本を読む人もいれば、

ビジネス書など何か今の自分に足りない情報、スキル、能力を得ようとして読む場合もあるわけですよね。

だから本によってその本を読む目的が色々あるはずなんですよ。

ここを置き去りにして、どのような読み方をすればというのを語ること自体がナンセンスなんですよね。

だから本を読む目的をまずしっかり考えて欲しいんですよ。

乱読の特徴

例えば乱読の場合は、いろんな情報が手に入るわけですね。

それが一つの方向性とか形を持ってなかったとしても、この人はこんなことを言った、こういう事例があった、こういった事件が起きています、こういった話がありますっていう風な色々な情報が入ってきますよね、

情報というのは、自分がものを考えるアイデアの元になるパーツですよね。

新しいアイデアというのは、自分の頭の中に情報のパーツの組み合わせでしかないので、その自分の頭の中にパーツとなる元を溜め込むという意味では、乱読が凄くいいわけですよ。

精読の特徴

一方で、精読の方は、一冊の本の中に書かれていること、その本のテーマについて深く知って自分のものとする、そこに書かれている情報、やり方、技術、能力、そういったものを自分に刻み込んで、身につける時に優れた読み方なんですよね。

だから本の種類から考えても分かりやすいんですけど、例えば教科書みたいなものは、書かれているものをしっかりと系統立てて身につける必要がありますよね。

当然、それは精読するべきなんですよ。教科書を読み散らかして賢くなることは絶対ないわけです。

ちゃんと最初の基礎的な理論から、事例、応用、発展っていう風に順序立てて、しっかりと学んで身につけていくことで、自分自身の中にスキルが生まれるわけですよね。

これを自分が興味あるからといって、発展の部分とか応用の部分だけ読んだところで、理解もできないし使えないわけですよ。

だったらそういう読み方は意味がないですよね。

成功したい人の読書のやり方

「精読」と「乱読」を使い分ける

だから何か自分が求めているテーマとか主題があって、それを身につけるために、まあ技術書とまではいかなくても、そういったことが書いてある本を読んで何かを得よう、身につけよう、本の中身を自分にコピーしようと思った時は、しっかり精読すべきだと思います。

一方で、何か自分の中に問題があって、その問題を解決するためのヒントが欲しいとか、自分自身の全般的な底上げをしたいっていう時は、いろんな情報を取り込む事に非常に価値があるんですよね。

やはり人間は自分の頭の中の材料でしかものを考えられないので、その材料がたくさんあればあるほど、いろんな組み合わせで、いろんなアイデアや解決法が出せるんですね。

ということはいろんな知識を入れておく、いろんな本を読んでおくことは、自分の引き出しを増やすと言うか、懐を広げる効果はあるわけです。

だからそういったもの、例えば、新聞、雑誌こういった情報に方向性があるわけじゃなくて、いろんな情報のまま伝えてくる媒体、そういったものは乱読してもいいと思うんですよね。

そもそもの目的を忘れない

だからそもそも乱読がいいのか、精読がいいのか、多読がいいのか、速読がいいのかみたいな話すら、本来の目的を忘れて本を読む技術に注目してしまっているので、問題が間違っているんですね。

だから読書に限らず、どっちのやり方がいいんだろうっていう迷いは、今の時代はたくさんあると思うんですけど、

そもそもの目的は何なんだろうっていうところに注目すると、どの手段を選ぶのが一番正しいかは見えてくるんですね。

そしてそれは一個の答えではなく、全てケースバイケースの目的次第で変わっていくわけです。

そういう考え方を持って行動してもらえたら、効率よくいくことができると思います。

では今回は以上となります。ありがとうございました。

音声ファイルはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です