プロになれない人の特徴!センスや能力の前に足りないもの


どうもこんにちは G です。
今回は「プロになれない人の特徴」ということについてお話したいと思います。

今日のお話は、ビジネスの世界とかそういう限られた世界じゃなくて、スポーツとか文学とか才能とかも全部そうなんですけど、

プロになる、成果を出せるようになる人となれない人の大きな違いについてお話ししようと思います。

プロになれない人の特徴

これはもちろん、能力とかモチベもあるんですけれど、それよりも手前の時点で大事なことがあるんですよ。

それは結果を出せない人は、それをやる行為そのものを特別視するんですね。

何か特別なことだっていう風に思ってしまうから、日常の実践量がどんどん少なくなるんですよ。モチベや気分に左右されちゃうんですね。

例えば音声で学ぶっていうことでも、結果を出す人は歯を磨きながら聞いてたり、通勤中の電車で聞く、運転中の車の中で聞く、そういう風にして、ちょっとでも時間があったら聞くんですよ。

乗り換えとか途中で聞けなくなったら、一時停止とか何分まで聞いたっていうのを軽く覚えといて、後で続きからやるんですよね。

ところが特別視する人っていうのは、ちゃんと家に帰ってから、机の前に座って、ノートを広げてもしくはそういうメモアプリを立ち上げて「さあ聞くぞ」ってするんですよ。

そういうタイプの人は、今日はちょっと仕事が忙しくて体力がないとか、遅くなっちゃったからもうあまり時間取れないしなーとか、そういう日常の他の圧が発生した瞬間に「今日はもうやめとこう」っていう風にどんどん逃していくんですよね。

学校に行ってもプロになれない

これは例えば小説家になりたいとか、漫画家になりたいっていうのも一緒で、例えば漫画家になりたいって言ってる人は、もうなれる人は普段からずっと絵を描いてるんですよね。

授業中でも絵を描いてるし、休み時間も描いてるし、人と電話してる間もなんかメモ帳に絵を描いているし、別にどっかに投稿しようとか発表しようって思わなくても日常的に絵や漫画を描いてるもんなんですよね。

描いている自分が当たり前で普通で、思いついたらどんどんチャレンジしてるわけです。その延長線上に莫大な蓄積があり、学習があり、そして結果が出てくるんですね。

できない人、実際には成果を出せない人っていうのは、なりたいやりたいって言いながら全く作品も作らない、絵も描かない。

どこかで学べば、プロから学べば大丈夫だとか言い出して専門学校に行こうとしたりするんですよね。

これも特別視してるってことですね。

専門学校に行って、たった2年間習ったぐらいでプロになれるかよっていう話じゃないですか。大体なる人っていうのは、もう小学校とか小学校入る前から絵を描いてましたっていうような人ですよね。

もちろん、能力とかモチベとかもあるんですけれど、それ以前の話なんですよね。

どうすればプロになれるか?

特別視しているか、もしくはただの日常の一つの行為としているか。特別視するっていうことは、それに対する障壁を高くしてるって事なんですよね。

つまり難しいことだと決めつけてるんですよ。だから学ぶ機会をどんどん逃しちゃうんです。

そういう特別なことを学ぶ特別な準備ができてないから、まだ自分はやっちゃいけないとか、こんなことではいけない、まだ戦いの場に出てはいけないみたいに、勝手にどんどん自分でハードルを上げるんですよ。

やりたい気持ちはいくらあっても、実際に普段からやってないわけだからできない、という風になってしまうんです。

だから大事なのは、まず5分でいいからとりあえず始めてみること。

そしてスキマ時間にやる。スキあらばやる。そうやって自分の生活の中にそれをするのが当然の状態をどんどん作っていくんですね。

やることが当然となっていくと、それをやることに対する抵抗が薄れるんですよ。

人間は何かを始めるとき、それが特に慣れてないときは、心理的抵抗があるんですね。心理的抵抗が常に自分にブレーキをかけるんですよ。

常に自分にブレーキがかかる状態で、新しいことをやるっていうのはすごく大変なんですよね。

アクセルを踏みながら、ブレーキを踏んで車を進めようっていうようなもんですから、負担もかかるし、前にはいかないんですよ。

だけど日常の行為になると、ブレーキがなくなっていくので、ちょっとアクセルを踏むだけでも少しは進むわけですよね。

それが蓄積されれば、いくらでも進めるようになるわけですよ。

だから、なんでもそうなんですけど、自分が学びたいやりたいって思うことをやるときに、特別視しないということが非常に大事です。

それでは今回は以上となります。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です