説明下手を克服する方法


どうもこんにちはGです。
今日は「説明下手からの脱出」というテーマでお話をしたいと思います。

私の知っている若い子で、凄い説明下手の子がいるんですね。もうその子に説明させるとイライラしてくるくらいです。その子を連れて海外に行っていたんですけど、やはりそこでも説明下手が炸裂したんですよ。

今日はその話を題材にしつつ、何がいけなかったのかというお話をしようと思います。

説明下手の特徴

まず現地のガイドを雇っていたんですね。ヘンドリーという名前なんですけど、最終日になってボスの方から「振込ではなくて、ヘンドリーに直接お金を渡しておいてくれ」という連絡がきたんですよ。でもヘンドリーはそれを聞いてないんですね。

じゃあお金を渡すとき、いきなりその札束を「ハイ」って渡しても意味が分からないですよね。しかも結構分厚いんですよ。当然、説明しながら渡すじゃないですか。普通なら「ボスから貴方にお金を渡すように連絡があったから、お金を渡すよ、受け取ってくれ」みたいな感じで渡しますよね。

ところがその説明下手君は、「何ペソ渡す、何ペソが」みたいな感じで金額から入ったんですよ。ヘンドリーにしてみれば、突然お客さんである日本人が凄い札束を持ってきて「2万ペソを君に」みたいな感じで、喋りだしたわけですよ。意味分かるわけないんですよね。

「何万ペソ君に渡すんだ」みたいなことを言い出して、向こうもキョトンとしているので、いやいやボスから貴方に直接現金で渡すように指示があったから、というのを他の人が補足して、ようやく通じたんですよ。

今の話だけ聞くと、この説明下手の彼は凄く頭が悪いように聞こえますけど、まあ悪いんですけど(笑)、普通の人間っちゃ普通なんですよ。だけど枝葉の方に目が行きやすいタイプなんですね。

概要は、ボスから貴方にお金を渡すように言われたから、貴方に渡しますよ、ということですよね。枝葉は、いくら渡すとかどこで渡すとかの話ですよね。なのに話を枝葉の方から意識に留めてしまうので、喋らせたり説明させたりすると、枝葉が出てくるんですよ。

これ会社とかでも説明下手の奴ってこういうタイプですよね。いきなり時系列みたいな感じでストーリーで説明しようとしたり、「自分はこういうことをしたら、相手のお客さんはこういうことを言いまして、次にこういう風になりまして」みたいな感じで、ストーリーを語るなと、何が起きたのか事実を言え、という風に説明の下手な人は混ぜちゃうんですね。

枝葉から入る、更に言えば事実に主観を混ぜるんですよね。
事実というのは、こういうことが起きた、ということですよね。
主観というのは、それに対し私はこう思った、という意見ですよね。

説明させているときにこれを混ぜて、ストーリーのように喋ってこられると、どこまでが事実でどこまでが意見なのか分かりにくいし、その人の意見はどうでもいいんですよ。

報告を受ける側は事実を基にして、どう対応するのかをジャッジをする必要があるので、その若造の意見はどうでもいいんですよ。どう思ったかなんて。それなのに本人は自己承認欲求みたいな所から、自分の意見を凄く混ぜちゃうんですね。

それでいらない情報ばかり混ぜるから、余計分かりにくくなって、説明が更に下手になる。

説明下手の改善方法

説明下手の人、説明下手と言われる人、説明を自分自身得意だと思っていない人は、まず事実のみを述べる。
そして「一言で言えば」というような概要を伝える。この2点を意識するだけで、全然変わるんですよ。

大体説明下手な人は枝葉と自分の意見を凄く重視するんですよね。結局、怒られる。「分かりにくい!」と言われてしまう。本人は何が悪いか分からないから辛い。

やはり辛い思いをして生きていくのは大変ですよね。こんなちょっとしたことで説明がわかりやすくなって、自分の評価も上がって、自分自身が気持ち良く生きていけるなら、ぜひ使ってもらえたらなと思います。

今日の音声は以上になります。ありがとうございました。