【成功しない人の特徴】アドバイスを取捨選択する

どうもこんにちはGです。
今回はアドバイスを取捨選択するなということについてお話します。

成功しない人の特徴

アドバイスの受け取り方が間違っている

時々、コンサルとかをやってて気付くのですが、どうしたらいいでしょうか、と相談しに来られて、それに対してアドバイスをすると、それを実行しないで、もっと効率のいい方法ありますかとか、もしくはその場でなかったとしても別の話を聞きたがる人が結構いるんですね。

その人は多分、アドバイスの受け取り方が間違っているんですね。

当然、素人のアドバイスじゃなくて、ちゃんとしたプロのするアドバイスというのは、相手の状況をちゃんと見極めて、その人に必要だと思うから、それを言ってるわけなんですよ。

そのアドバイスというのは、それを一から十まで説明してなかったとしても、ちゃんと色々考えた上で言ってるんですね。

ところがちゃんと理解できない人ほど、そこで勝手に取捨選択するんですよ。

なんか「あーなるほど確かにそうですよね」みたいな感じで聞き流してしまって、「いや〜でも色々うまくいかないんですよ」とか「やっぱり夜はしんどくて」みたいなことを言い出すんですよね。

本人の中ではアドバイスはアドバイス、自分の悩みは悩みで別のものになっちゃってるんですよ。

こっちにしてみたら、そのぐだぐだ言っているお悩みを解決する方法を渡してるわけなんです。

なのにそれを真剣に実行せずに受け取らずに、自分の悩みとか問題の話を続けられると、「お前、何一つ分かってないな」と思っちゃうわけです。

アドバイスはそのとき理解できなくていい

もちろん、その人がそのアドバイスを受け取る受け取らないは自由です。

だけど、そういったことをやらないという自分の判断を積み上げた結果が、今のその人じゃないですか。

そして今の自分に充分な満足をしていないなら、何か悩みとか問題を解決したいとか、もっと上を目指したいとかがあるのであれば、自分の判断じゃいけないんだ、ということに早く気付かないといけないんですよ。

人間というのは、どんな頭のいい人も悪い人も、自分の意見は基本的に正しいと思うところがあるんですね。

間違ってるかもしれない、もっと世の中には正しい人もいるかもしれないと思いながらも、でもそう思う自分は正しいと思うところがあるんですね。

そういう風に客観的に自分の分をわきまえた思考ができる自分というのを肯定しているわけです。

だから極論すれば、みんな自分が正しいと思ってるわけですよ。自分が正しいと思って、自分の正しいと思う行為をしてるわけです。

その行為の結果が今の年齢、今の収入、今の立場、今の人間関係なわけです。

それを変えたいと思っているのであれば、それを変えるために与えられているアドバイスは、自分が全く受け入れられなかったとしても、受け入れないといけないんですよ。

でもそれを勝手に取捨選択してスルーしたり、それはちょっと自分には難しいですみたいな話をするのであれば、もうアドバイスを聞く必要はないんですよね。

自分にとって理解できるアドバイスとか自分が納得できるアドバイスが欲しいのであれば、それはいくらでも言うことは簡単ですけど、おそらくそれではその人の現実は変わらないんですよ。

極端な話、その人が理解できる納得できるということは、その人のレベルのアドバイスということなんですね。

その人のレベルの行為を繰り返しところで、大してレベルアップできないんですよ。

こっちはプロだからわかりやすく伝えることはしますけれど、だからといって100%納得とかはまだできないと思うんですよね。

それでもちゃんとそれを地道に信じて行動していく、日々粛々と進んでいくっていうことができないのであれば、どんなアドバイスを貰っても無駄なんですよね。

こういうことが結構あって、こちらとしてはちゃんと真剣に色々考えて言ってるのに、それはそれみたいな感じでスルーして別の話をされると、「たぶんこの人に何アドバイスしてもダメなんだな」という風に学習するわけです。

そしてその人に次から相談されても「そうなんですか大変ですね」と明らかに流す感じの回答になるわけですよ。

真剣に考えるというのは、物凄くこちらもリソースを使う話なので、結局答えたところで向こうが何もしないのが分かってたら真剣に答える必要ないじゃないですか。

そうやって真剣にアドバイスしてもらえる人も失っていくんですね。それに早く気付かないといけない。

成功したい人のアドバイス活用法

早くチャンスを掴まないといけない理由

人間というのはいつでも再チャレンジできるとはいえ、やはりチャンスは減っていくんですよね。

再チャレンジができるって言うのと、そのチャンスの成功のパーセンテージが高いっていうのは別の話ですから。

例えば小学校に入る前なら、それこそ総理大臣だってオリンピック選手だって目指せる可能性はあるわけですよね。

でも二十歳になったら、それを目指せる可能性というのは、限りなく少ないわけですよ。

もうオリンピック選手を目指せる可能性なんて、0に近いと思うんですよね。

つまり目指すことは自由だし出来る。だけどそれで成果を出せるかどうかは別の話なので、やはりチャンスはひたすら減っていくんですよ。

掴めなかったチャンスはもうダメなんですね。もちろんまた次のチャンスはきっと来ます。

逆にそれが来ないと思ったら人生やってられないですよね。もっといい話も来るかもしれません。

だけど結局チャンスの総数は一緒だから、早めに掴んだ人はその後のチャンスをもっと掴めるわけですけど、チャンスをいっぱい取りこぼした人は、残ってるチャンスが少ないわけですよね。

だから「まだある」って思うんじゃなくて、一回一回のチャンスを真剣に使わないといけないわけですよ。

そういう意味でいうと、今の自分が納得できるから、できないからみたいな、それはやるのは大変だからみたいなそういう自分のジャッジを絶対に入れちゃいけないんですよ。

やる気がなかったり馬鹿でそういうことするんなら、こっちも知ったことかと思うんですけど、生真面目でちゃんと成功したいと思ってるのに、自分で判断することが正しいと思っているから問題なんですね。

まあ普通の人間は思いますよね。自分で決めなさい、自分で判断しなさい。大人なんだからと。

それはある側面、ある状況によってはそうです。

だけど、自分の今のポジションを変えたいということが目的であれば、自分に拘っていたら自分以外にはなれないわけです。

変な話、自分を変えたい、今の自分以外のものになりたいということは、自分以外の人になりたいと言ってるのと一緒なんですよね。

違う考え方、新しい考え方、新しい行動をしたいと思ってるわけですから、これまでの常識とか価値観とかそういうものをどれだけ投げ捨てられるかという話なんですよ。

だからなかなか頭の固い人とか年齢の重ねすぎた人は難しいんですよ。常識という枠にとらわれやすいからです。

だけど逆に常識という枠を取り払うことができれば、年齢は関係ないんですよ。

だから年齢イコール可能性が無いってことじゃ全然ないので、そこは「自分はこういう年齢だから難しいんだ」みたいな言い訳をしている暇があったら、素直に言うことを聞いて、何でもかんでもやりなさいという話です。

積み重ねが本当に大事

なかなか人の言うことをまるっと聞くのは難しいと思うんですけど、よく言われる守破離ってそうじゃないですか。最初は守なんですよ。

意味が分からなくても、ただ言われるがままでいいんですよね。

だって説明されたところで分かんないし、頭で分かってもしょうがないことだからです。

それをやってるうちに自分で気付かないといけないんですよね。

自分で「これをすることにはこういう意味があるのか」と気付ければ、じゃあ「この意味を達成する為にはもっとこうした方がいいんじゃないだろうか」とか「こうした方がもっとその意味を深く達成できるんじゃないか」と思えば、そこにオリジナルの様子が入れられるわけですね。

この本質的に何のために何をしてるのかという部分を理解せずに自分流を入れると、単なる下手なアレンジというか劣化コピーになるんですよ。

だからそれにまず気づけるようになるまでは、何も考えずに言うこと聞くんじゃなくて、めっちゃ考えながら言われた通りに全部従うっていうことが大事なんですよ。

ここ凄く微妙なところで難しいですけど、変に自分の頭で考えるな、でも自分の頭で考えろということなんですね。

ここのサジ加減が理解できない人は今の段階では難しいと思うので、何度も自分でノートに書いたりして、こういうケースではどうだろう、こういうケースはどうだろうみたいにして考えていくと、あるとき突然理解できるようになると思います。

ものを理解するとか、分かるようになる時というのは、薄い薄いティッシュペーパーを積み重ねて、踏み台を作ってるようなものなんですよね。

みんなすごい踏み台とかをいきなり求めるんですけど、それはもう絶対うまくいかないんですよ。

ほんのちょっとしたことを積み重ねることが本当に大事で、それがその積み重ねになってるかどうかすら自分でわかんない時もあるんですよね。

だけど自分が一つ上に上がった瞬間に「これが正しかったんだ、積み重なってるんだ」ということに気付けるわけです。

そこに気付けるようになるまでは頑張れって話なんですよ。みんな諦めがちょっと早すぎんですよね。

だからそういう感じで頑張って欲しいなと思います。

今日のお話は以上となります。ありがとうございました。

音声ファイルはこちら

1 個のコメント

  • 一般的な知人からのアドバイスの場合を前提として。自分が組織の人間か、そうでないかでも変わってくると思います。
    組織の人間はアドバイスをもらった通り実行して、もし失敗したとしても責任転嫁できます。あの人にアドバイスされたから、と。失敗したときの損害も自分ではなくて会社や組織。
    アドバイスした方も、実行する方も責任はさほどないわけです。

    ただ個人経営やフリーランスの場合は別。アドバイス通りにして失敗したら、アドバイスした人が責任取ってくれるわけでもなく、責任も損害も全て自分に降りかかってくる。極め付けは自分で判断したんだろうとか言われます。これはキツイ。

    分からないまま言われるがまま実行しても、次の段階で詰めば可能性が消えることも世の中にはたくさんあるはず。1つ1つの行動が成功に繋がるのであれば、1つ1つ自分が納得して行動に移したいところです。そうでなければ、いつぞやのアドバイスのせいにして、人を恨み悔いて生きそう。

    そして、アドバイスはあくまでアドバイス。責任を取るわけでもないなら尚更、「あくまでも個人のアドバイス」という枕詞や意識が欲しい。
    自分の言う通りにするべきとかしなければ成長しないとか、、相手の行動に何かを求めてる時点で違う気がする。エゴっぽい。

    アドバイスを実行してもらえないという結果は、そもそもアドバイスをする人間と、相談者の間で「成功」のビジョンが違うのでしょう。その的を外してアドバイスされても、信頼できないだけです。ただ偉い人扱いされたいんだなぁ、と判断されかねません。違う話聞きたい、というのは遠回しに的外れと言っているかと思います。

    色々意見を述べさせてもらいましたが、アドバイスをする側の人間の心理や考え方がわかりやすくとても勉強になりました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です